自動車保険

保険のこと

  1. 保険の種類
  2. STEP2
  3. STEP3

自動車保険の種類

自動車保険には大きく分けて二つのタイプがあります。 一つめが、自動車を運転するすべての人に加入を義務付けられている強制保険です。これは通称「自賠責保険(じばいせきほけん)」と呼ばれています。

二つめが、加入するかしないかを決められる任意保険です。加入する/加入しないが自由だとはいえ、実際のところ自賠責保険のみでは自動車事故のリスクをカバーしきれない部分も多く、任意保険にも加入しておくことこそ保険の意味があり、通常この保険のことを「自動車保険」と呼びます。

  1. STEP1
  2. 自賠責保険
  3. STEP3

自賠責保険~強制保険~

自賠責保険は、すべての自動車を運転する方が法的に加入を義務付けられている保険です。しかしながら、自賠責保険は自動車事故で起こり得るリスク全般をカバーしているわけではありません。補償の対象となる範囲も、支払われる補償金額も限定されており、「自賠責保険に入ってさえいれば安心!」ということは決してないのです。

では具体的に、自賠責保険では車の運行中に発生した対人賠償事故のみを補償の対象としています。

これは自動車事故例で言いかえると「自賠責保険では相手にケガを負わせてしまったり、死にいたらしめたりしてしまうリスクしかカバーできない」ことを意味しています。つまり自動車事故で自分のケガの治療費や車の修理代を自賠責保険でまかなうことはできません。

  1. STEP1
  2. STEP2
  3. 自動車保険

自動車保険~任意保険~

自動車保険は自賠責保険ではカバーしきれない自動車事故のリスクに備えるための保険だと言えます。それゆえに自動車保険の補償内容のバリエーションは多く存在しますが大きく分けると「賠償責任保険」「傷害保険」「車両保険」の三種類に分けることができます。

賠償責任保険

賠償責任保険は、自動車事故で相手や相手の物を傷つけてしまったときの賠償責任に備えるための保険です。人を傷つけた場合の対人賠償と、物を傷つけた場合の対物賠償の二種類に分かれ、それに合わせて「対人賠償責任保険」と「対物賠償責任保険」が存在します。

傷害保険

傷害保険は、自分や同乗者が自動車事故や交通事故などによりケガをして入院・通院をしたり、亡くなったりしたときに保険金を受け取れる保険です。代表的な「人身傷害補償保険」「搭乗者傷害保険」「自損事故保険」「無保険車傷害保険」などがあります。

車両保険

車両保険は、自分自身の車に対する保険と言えます。自動車事故により自身の車が破損した場合、その修理代等が補償される保険です。車両同士の事故では双方の過失割合(どちらにどれだけの責任があるかの割合)に応じて、どちらの保険で修理費用をまかなうかが決まります。

LINEお問い合わせ

加入の手続き

必要な書類

  1. お見積り
  2. STEP2
  3. STEP3

代理店型自動車保険

まずは見積もりから始めましょう。等級、事故有係数適用期間、お車の型式、初度登録年月をお伝えいただき、専門家が保険料の見積結果を提示いたします。「もう少し補償内容を変えたい」というときには、補償プランを変更しながらご希望や予算に合わせて検討しましょう。

ご希望の補償プランが完成したら申し込みを行います。契約者の氏名や連絡先といった個人情報に加え、車台番号や登録番号(ナンバープレートに表示されている文字や番号)といったお車の情報を確認します。これらの情報も車検証または現在の自動車保険の保険証券に記載されています。最後に、契約内容がご自分の希望する内容と合っているか確認のうえ、保険料の支払い手続きにうつりましょう。

  1. STEP1
  2. 保険料支払い
  3. STEP3

申し込み/保険料支払い

保険料の支払いはクレジットカード払い、またはコンビニ払いのいずれかになります。

クレジットカード払い

必要書類にてお申し込み手続きを行います。また、クレジットカード払いの分割払いもご利用できます。無理のない支払い方法を選択したい場合にはクレジットカード払いがおすすめです。

保険料の支払い手続きが完了すると申し込み完了となります。自動車保険の補償は、申し込み時に取り決めた保険開始日から開始されます。

  1. STEP1
  2. STEP2
  3. 必要なもの
Access Map